オール電化の様々なメリット

オール電化とは給油や暖房など、熱源を必要とする部分を電気にする生活スタイルのことで、最近は広く普及されています。オール電化の様々なメリットとして、ガス熱源を使わないので基本料金を電気に一本化できるので、ガスの基本料金を無くせて経済的になります。オール電化の料金プランは、深夜の電気料金が安く利用できるように設定されているので、光熱費を安く抑えることが出来ます。それは、オール電化住宅用に設置されている給湯器は、安い深夜電力を利用して夜の間に日中に利用するためのお湯を沸かしておいたり、熱源を溜めておくことが出来るからです。

また太陽光発電システムと併用すると、昼間に使う電力を太陽光パネルからの発電でまかなえ、夜は安価な電力を使用出来るので、最大限の省エネルギーが可能になります。ガスを使用したキッチンコンロではないので、火が発生せず衣類への着火事故などを防止し安全性が高く、空気汚染を低減して二酸化炭素の発生量も抑えられます。オール電化住宅で使われるIHクッキングヒーターは、ガスコンロのようにゴトクのすすによる汚れやガス燃焼で空気が汚れず、平面的なので調理後の掃除が簡単でキッチンまわりを清潔に保つことが出来ます。災害があった時でも、電気の普及が一番早いとされているので安心ですし、給湯器の中には貯水タンクがあるので、貯めた水やお湯を災害時に生活用水として使用することが出来ることもメリットになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です